たくさんの方にご参加いただき、本当に感謝しております。

参加すると
以下のコンテンツが全て貰えます

●ゼロから稼げるライターになるノウハウが詰まった今すぐ使えるテンプレート
●初心者でも実践していける具体的なノウハウ解説動画51本
●継続が苦手な人でも大丈夫!人が思わず継続してしまう心理を利用した「目標スケジュールシート」
●コンテンツがいつでもどこでもパッと見れる「会員限定サイト」
●180日間メールやLINEで質問・相談し放題のサポート
●通勤やウォーキングしながらでも学べるよう全動画の音声データVer
●特典:初心者でもSEOに強い記事構成が作れる「構成作成マニュアル」
●特典:文章の書き方の基本をまとめた「文章ルールブック」
●特典:効率よく稼ぐ実績作り&文章添削サポート

 

西村敏(にしむらさとし)です。

このページを開いてくださりありがとうございます。

このページは、

・在宅で稼げる仕事ができるようになりたい人
・これからライター業に取り組みたい人
・初心者ライターを卒業して効率よく稼ぎたい人

向けに書きました。

これから私があなたにお伝えすることは

「稼げるライターになる方法」

です。

このページを読むだけでも

「コンビニバイト以下の時給で疲弊することなく、
ライターで効率よく稼ぐ方法が”明確かつ具体的に”わかる」

ように書いていますので、
ぜひこのまま読み進めてみてください。

いつまで「コンビニバイト以下の時給」で
疲弊し続けるんですか?

私はこれまで多くの方から

「文章がヘタすぎて…上手く文章を書く方法を教えてほしい」

「文字単価0.3円とか報酬が安い仕事しか取れなくて…
どうしたら単価が高い案件を取れますか?」

と相談を受けて、文章力や報酬アップのサポートをさせていただきました。

会社員や主婦、フリーター、学生などから個人事業主まで
その立場はさまざまです。

彼らは、私の良さについてこう答えます。

「すでにできる人のアドバイスって
聞いても初心者には難しくて理解できないことも多いんですが、
西村さんは初心者でもわかるように説明してくれるから、
話を聞いたらすぐに身になる」
(40代・主婦・ライター歴2か月)

「読者の本当の知りたいことを見抜く力と
それを具体的に構成に落とし込む力がスゴイ。
自分で考えた構成では検索順位がほとんど上がらなかったのに、
西村さんに作ってもらった構成で記事を書いたら
すぐに検索結果の3位に表示されアクセスを集めることができた」
(20代・投資家・ブログ歴1年)

「伝わらない表現を発見する力に驚かされた。
書いた記事を添削・指導してもらったところ、
クライアントから”読みやすくなった!”という評価が増えました」
(30代・専業ライター・ライター歴3年)

私のサポートを通してライターとしての力をつけた仲間は
以下のような結果を次々と出していきました。

ポエムしか書けなかったニートライターが、
クライアントのブログを月間30万PVに押し上げ、
今では月収40万円で本のゴーストライターに抜擢!
(高橋様)

/クライアントのブログ「GLOBO」\

/アクセス数は正真正銘31万PVを突破!\

 
 

ライターとして活躍する傍らで
自分の好きなアニメのブログを作り月間12万PVまで伸ばす
(餅野ろん様)

/現在は複数のクライアントをお抱え中!\

 
 

月収3万円しか稼げていなかったブログを
月収70万円まで伸ばすことに成功!
(なずな様)

/自身の経験を書いたブログで月70万円!\

/PV数は月間5万PVから月間9万PVへ\

 
 

ライターのほとんどは
クライアントから仕事をいただいているため
ここで実績を出すことができない人も多いのですが、
他にも会社員や主婦の方で

「文字単価が0.5円から1.5円まで上げられた!」
「子育てしながらパート以上に在宅で稼げるようになった!」
「本業でも”文章がわかりやすい”と褒められるようになった!」

という方もたくさんいらっしゃいます。

なぜこんなことが可能かというと、
ただ上手な文章を書けるようになるだけでなく、
以下のような能力も高めているからです。

・読みやすくわかりやすい文章を書く力
・読者の心理や考え・望みをエスパーのように読み取る力
・単価交渉をうまく進め、望む単価を手にする力
・クライアントに利益をもたらす力
・読者が望む情報を提供し検索順位を上げる力

もしあなたがクライアントだとして、
これらの能力を持ったライターさんが自社案件に応募してきたら

「絶対に手放したくない!」

と思いませんか?

ライターとして間接的にでも
クライアントに利益をもたらすことができれば、
あなたがライターとして食いっぱぐれることはありません。

そのクライアントが事業を辞めない限り、あなたを手放す理由がないからです。
(あなたを手放したら損ですからね)

「利益が出るなら、高単価でも採用したい」

そう思っているクライアントはたくさんいます。
(私もそのひとりです)

だから、あなたもライターとしてそのステージまで行けば
”圧倒的に効率よく”稼ぎ続けることができるのです。

効率よく稼ぎながら、
独立して自由気ままに旅しながら過ごしたり、
在宅でサクッと稼いで子育てに時間を使うことができたり、
安定した副収入を手に入れて将来に安心できたり、
そういうことが十分に可能。

心や体に病気を抱えていてどうしても外に出れない人でも、
在宅でお金を稼ぎ、生活を守りながらゆっくり治療することもできます。

『稼げるライターになれば人生が変わる』

そう言い切っても過言ではないと、私は思っています。

では、どうすれば
”短期間で効率的に”
稼げるライターになることができるのか?

その秘密をこれから公開します。

「私だって、できるだけ楽して儲けたい・・・」

誰しもがそう思うと思います。

しかし、多くの初心者ライターが、
「実績作りのため」と言いながら
文字単価が0.1円や0.2円の安い案件を受け、
時間の割に全然稼げず疲弊し続けているのが現実です。

では、どうすれば高単価で仕事を受けられるライターになれるのか?

それは、

1.ライタースキルを高める
2.高単価ライターにふさわしい実績を積み上げる
3.資金がある企業のライター案件を獲得する

ということです。

シンプルにこの3つだけやればいいんですね。

高校生だろうが60歳を過ぎたおじいちゃんだろうが関係ありません。

ライターは、実力があって、資金のある企業に使ってもらえれば誰だって稼げます。

会社員と同じ理屈です。

実力があって、大企業にヘッドハンティングされたら、
好待遇で迎え入れてもらえるじゃないですか。

それと全く同じ。

しかし、これまで多くのライターさんを見てきて、
上手くいかない人には以下の共通点がありました。

・スキル不足でクライアントに迷惑をかける
・単価が下がるような実績の積み方をしてしまう
・資金がない企業や個人事業主からの案件を受け続ける

これでは、本来ライターとして成功する素質があっても、
絶対に稼げなくなってしまいます。

なぜそんな、”わざわざ失敗するようなやり方”をしてしまうのでしょうか?

本気で「苦労は買ってでもすべき」と思っていて、
それを実践し続けたいのであれば別に良いと思うのですが、
本音を言えば”無駄な苦労”はしたくないですよね?(笑)

無駄な苦労をしたくなければ、
これは絶対にやってはいけません!

「ライターなら在宅で稼げるかも!」
「パソコン1台で稼げるなら私でもなんとかなるかも」

そんな風に思って、まずはネットで「ライター やり方」と検索した。

そしたら、

「ひとまずクラウドソーシングに登録して、
安くてもいいから案件を取って、案件をこなした実績を作ること」

と書かれていたので、その通りに実践している。

こんな初心者ライターさんはかなり多いです。

私はランサーズなどのクラウドソーシングを
「執筆を依頼するクライアント」として利用していますが、

「まずは実績を積みたいので、最低単価でやらせてください!」

と言って、私が提示している単価よりも安い単価で
仕事を提案してくださるライターさんすらいます。

/2000円の案件を1000円の提案…\

 
 

/800円の案件に300円で提案…\

 
 

たしかに、依頼する側としては安く仕事をしてくれたらありがたいです。

しかし、
「じゃあどのレベルで文章を書けるのかな?」
と思って過去の実績を見ると、

「ちょっとこのレベルだと安くても頼めないよ・・・」
と思うことがほとんどなんですね。

だから実際には、支払う金額が高くても他の優秀な人に頼んじゃう。

つまり、いくら実績を積んでも、
その実績がクライアントが求めるレベルのものでなかったら、
単価が上がらないどころか、仕事すら取れなくなってしまうのです。

せっかく実績を積んだのに逆効果。

これは恐ろしいですよね。

クラウドソーシングでは、
本当に酷い出来でなければ、高評価をつけ合う文化ができています。

なので、案件の数さえこなせば
”クラウドソーシングのプロフィール上は”
高評価のライターにはなれるでしょう。

ですが、残念ながら

「クラウドソーシング上での高評価だからといって
クライアントが高単価で仕事を依頼してくれるわけではない」

のが現実です。

たしかに、クラウドソーシング上で高評価になっていれば、
最初の仕事は取りやすくはなります。

しかし、一度仕事をしてみたときに、相手に

「高評価だからいい仕事をしてくれると思ったのに、
頼んでみたらたいしたことないな」

と思われてしまったら次の仕事に繋がりません。

そうなると、単価の上げようはありませんよね。

ライターが高単価案件を取るには、

1.まず案件をとる
2.その案件で「今後もこの人にお願いしたい!」と強く感じさせる
3.単価交渉をして単価を上げる

ことが必要です。

だからこそ、稼げるライターになりたいなら、
『仕事の取り方』『実績の積み方』
戦略的に考えていく必要があります。

では、”具体的に何が出来るようになれば”
効率よく稼げるライターになることができるのでしょうか?

「文章がうまく書ければ単価が上がる」
と勘違いしているやヤツが多すぎる!

結論から言うと、稼げるライターになるには

『文章で相手の期待に応えること』

が何より大切です。

もっとわかりやすく言えば、

「クライアントを儲けさせ、Googleを儲けさせ、読者の悩みを解決する」

ということ。

いくら上手な文章が書けても、
アクセスが集まらず、クライアントを儲けさせることができず、
読者の役にも立たない自己満足なポエム記事を書いていたら、
誰の期待にも応えられません。

ライターの単価は、クライアントから見て

「この人はどのくらいこちらの期待に応えてくれそうか?」

で決まります。

ライターの単価交渉は、クライアントに

「これは期待以上だ!今後もぜひ続けた貰いたい!」

と思わせることができればできるほど、成功します。

まぁ、こんなことは当たり前ですよね。

じゃあ、具体的にどうすれば
「相手の期待を上回る文章」を書くことができるのか?

それは・・・

『相手が求めているモノを具体的に読み取り、
それに応えられる技術を身に付けること』

です。

たとえばあなたが、

「なぜクライアントがサイトを作成しアクセスを集めたいのか?」

を分析でき、その目的に合わせた文章を書くことができたら
クライアントは喜んでくれますよね。

クライアントによって、
自社のブランディングやイメージアップを目的とするのか、
無料サービスへの登録を目的とするのか、
などは変わります。

目的が変われば、たとえ文章の内容が同じだったとしても、
チョイスする単語や言い回しは変えるべきです。

それぞれの目的に合わせて
文章の内容や表現を思い通りにコントロールすることができたら、
クライアントに満足してもらいやすくなるでしょう。

同様に、Googleが求めていることを分析し、
それに合わせた文章を書くことができれば、
検索の上位に表示でき、サイトにアクセスを呼び込むことができます
(結果として、Googleだけでなくクライアントにも喜ばれます)。

読者が求めていることを読み取り、
読者の役に立つ文章を書くことができれば、
読者は満足し、サイトをお気に入り登録して何度も訪れてくれるかもしれません
(そしたら当然、読者だけでなくクライアントにも喜ばれますよね)。

つまり、クライアント、Google、読者、
この3方の期待に応える文章を書くことができれば、
あなたはライターとして高単価案件を受注し続けることができます。

/真ん中なら月30万~50万円も可能!\

 
 

というか、ここまでできるライターが
クライアントから引っ張りだこにならないなんて考えられませんよね?(笑)

クライアントの期待をいつでも上回り、
高単価で仕事が取れるライターになるために
必要なスキルとは?

具体的には、以下のようなスキル・知識を身に付ければ、
クライアント、Google、読者、この3方の期待に応える文章を
書けるライターになれます。

●クライアントの期待に応えるために身に付けるべきスキル
ークライアントに好まれる提案文を書ける(重要)
ーWordPressに直接入稿できる(WordPressの操作が一通りわかる)
ークライアントの望みやWebサイトを作る目的を読み取れる
ークライアントのイメージアップにつながる表現を使える
ーサービスに誘導する一言二言を自然に入れることができる
ー安定したペースで執筆することができる(納品ペースの安定)
ー最初から最後まで読者を記事に引き込める文章が書ける
ー相手をイラっとさせずに単価アップを依頼する交渉スキル

●Googleの期待に応えるために身に付けるべきスキル
ーSEOの基本知識
ー狙うキーワードで調べる読者が知りたいことを読み取るスキル
ーライバル記事を分析し、記事に盛り込むべき内容を取捨選択できる
ー検索上位に上がりやすいタイトルをつけることができる
ー検索上位に上がりやすい冒頭文を書くことができる
ー検索上位に上がりやすい記事の型を知っていて使える
ーライバル記事を参考にしつつ、オリジナル記事に仕上げられる

●読者の期待に応えるために身に付けるべきスキル
ー読みやすい文章の型「PREP法」を使いこなせるようになる
ー最初から最後まで詰まらない文章にする正しい接続詞の使い方
ー最後にちゃんとやるだけで文章の質が上がる「推敲」の正しいやり方
ー「想定読者」の正しい設定方法
ー読者の知りたいことや深層心理を見抜けるようになる
ー読者の理解を深める「例え」「具体例」を出せるようになる
ー読者が思わず「そうそう!」と共感する表現を使える

実際にあなたがこれらのスキルを身に付けることができたら、
クライアントらに文章で喜んでもらえるライターになれると思いませんか?

少なくとも、ライターとして仕事をして
クライアントに迷惑をかけてしまうことは99%なくなります。

つまり・・・

『上記のスキルをきちんと身に付ければ、
あなたは高単価で仕事が取れるライターになれる』

ということです。

そうは言っても、こんなにたくさんのことを、
どうやってひとりで調べて学んで
身に付ければいいんですか・・・

勉強方法はシンプルです。

出版されているたくさんの文章術の本を読み、
Google検索を駆使してネット記事をむさぼり、
試行錯誤して自分で使えるようになっていくこと。

非常に根気のいる方法ではありますが、
これが王道であり鉄板な方法です。

ネットに無料で公開されている記事は、
本当に効果があるのか微妙なノウハウから超優良なノウハウまで
さまざまなものが落ちています。

最初は効果的なノウハウかどうかの見極めはできないでしょうが、
続けているうちにその見極めもできるようになっていくでしょう。

しかし・・・

「そんなのんびりしていられません!」

そういう声が聞こえてきそうです。

だって、だらだら1年も2年も
文字単価0.3円とかで仕事を受けてられないですもんね(笑)。

実はこのレポートはもともと、
「ライターが高単価の仕事を得るために必要なスキル」
を紹介するところまでで終わっていました。

でもありがたいことに、
このレポートを読んでくださった多くの方から、

「1人で調べるのは大変なので、
西村さんがわかりやすくまとめた教材を作ってくださいよ!」

という声が集まるようになってきたんです。

そして・・・

改善改良を積み重ねました

どうせ作るなら
初心者でも”即使える”実践的な教材にしたいと思いました。

よく、ノウハウや知識だけはまとめられているけど、
即使える形にまで落とし込まれていない教材がありますが、
そんな風にはしたくなかったからです。

それに、「クライアントの期待に応えろ!」と言っている私が、
教材を購入してくれた人の期待に応えられなかったら
クソダサいじゃないですか!(笑)

だから、私自身もライターとして企業の案件に応募し、
各社のマニュアルを研究しました。

研究の結果作り上げたマニュアルを
クラウドソーシングで雇ったライターさんに使ってもらって
さらに完成度を高めていきました。

その結果、マニュアルを使ってくれたライターさんからは
こんな声が届くようになったんです。

 
 

中途半端な出来にしかならなかったら
お蔵入りさせようと思っていました。

でも、これだけ満足してもらえたなら
役に立つのは間違いないだろうと思い、
自信を持ってリリースすることにしました。

こうして生まれたのが、これから紹介する「ライタースキル大百科」です。

これは、その名前が示す通り、
ライターとして高単価案件を受注できるようになるために重要な
スキル・ノウハウ・マニュアルをすべて詰め込んだもの
です。

50本以上の動画でスキルやノウハウを具体的に解説、
”ほぼそのまま使えるテンプレート”も用意し、
「困ったときにはライタースキル大百科を見れば解決できる」ようにしました。

このコンテンツが手元にあるかどうかで、
出来上がる記事の質が一段階も二段階も変わります。

あなたは、何が書かれているかわからない本を
本屋さんで買いますか?

ここでは、「ライタースキル大百科」の中身を紹介します。

「ライタースキル大百科」に含まれる内容を見ていただければ、

「たしかにこの内容を知れば、
高単価案件を受注できるライターになれそうだ」

と感じられるはずです。

人によっては、
稼げるライターになった自分をリアルに想像できて
ワクワクした気分を味わえるかもしれません。

  1. 0 稼げるライターになる具体的な手順(全体像)
  2. 1 ライター初心者でも案件が獲得でき、2記事目から単価を上げてもらうには?
  3. 2 質の高い文章を書くために、文章を書き始める前に絶対にやるべきこと
  4. 3 クライアントに「また次もあなたに書いてほしい!」と思わせる記事を書くライティング術
  5. 4 上手い文章をさらにアクセスを集められる文章に変えるSEOの基本
  6. 5 周りのライターと一歩も二歩も差をつける、読者とGoogleの期待に応え、クライアントに利益をもたらすSEOテクニック

それぞれの中身をさらに詳しく紹介していきます。

Module0
稼げるライターになる具体的な手順(全体像)

/この手順通りにやれば稼げるライターになれる!\

 
 

このパートでは、これからライターを始める人や
ライターとして報酬やスキルが伸び悩んでいる人が
稼げるライターになる”現実的な手順”をお伝えします。

何かを最短で達成するには、

「何を目指し、そのために何をすべきか?」

というゴールと道筋を知っておくことが重要です。

ゴールと道筋を具体的にせず、
なんとなく物事を始めて理想までたどり着けた人を
私はほとんど見たことがありません。

このパートの動画を見るだけで、
最短で稼げるライターになる方法が明確にわかるでしょう。

具体的には以下のような内容をお話ししています。

  • ライターとして稼いでいくためにまず最初に何をすべきか?
    ネットで調べると、ほとんどの記事で「最初はとりあえず案件を1つ取ってみろ」と書かれていますが、これは明らかな間違いです。そんな適当に案件を取っても外れ案件を引くだけ。最初から当たり案件を獲得するためにまずやるべきことをお伝えします。
  • ライター未経験から稼げるライターになるために進んでいくべき7つの段階とは?
    この7つの段階を1つずつ確実に登っていくことが稼げるライターへの道です。どれか1つでもすっ飛ばしてしまうと後々ボロが出てクライアントからの信頼を失うことになるでしょう。
  • 目指すべき理想のライター像とは?
    この教材のゴールは「高単価案件をとれるようになること」ではありません。たまたま1記事だけ案件を取れたって意味がないし、案件の文字単価は3円だけど画像準備やリサーチ、複数回にわたる修正などで実態は時給700円レベルの仕事だったらそれは真に目指す姿ではないからです。案件が安定して取れ、効率よく稼げるライター像とはどんなものか、具体的にお伝えします。

Module1
ライター初心者でも案件が獲得でき、
2記事目から単価を上げてもらうには?

/ほんのちょっとが大きな差になる!\

 
 

このパートでは、多数の応募の中から自分を選んでもらう
提案文の書き方や実績の積み方、具体的な単価交渉の方法
をお伝えしていきます。

もう、不当に安い単価で文章を書く必要はありません。

このパートの動画を見れば、
自分の実力にあった仕事を獲得する方法がわかるので、
あとは自分のライティングスキルを磨けば磨くだけ
単価を上げられる状態を作れるでしょう。

実践してみると、

「こんな簡単に仕事が取れるの?!(しかも正当な報酬!)」

と驚くはずです。

具体的には、以下のような内容をお話しします。

  • クラウドソーシングの案件に応募するときに、提案文に絶対に書いてはいけない禁止ワードとは?
    このワードが書かれているとどんなに丁寧な提案文が書かれていてもクライアントは仕事をお願いする気が無くなります。しかし多くの初心者ライターがこの禁止ワードを使ってしまっており、自ら仕事を失っていることに気づいていません。
  • /この中に答えがあります!\

     
     
  • 採用率を高めるために提案の際にやるべき3つのこと
    これは私がクライアント側のときに「ある初心者ワーカーさんにやられた方法」なのですが、彼が実績のない初心者であることがわかっていながらも思わず即決採用してしまいました。それくらい強力な方法なのに、いまだかつてその彼以外に同じ方法を使われたことがありません。その方法をこっそり公開するので、コレを使ってクライアントに気に入られまくってください。
  • 単価が上がる実績と単価が下がる実績の違いとは?
    この違いを知らないと単価アップだけでなく案件の獲得もかなり苦労することになります。
  • 案件獲得・単価アップのための実績は数ではなく質だと断言します
    いくら大量の実績があってもクライアントがお願いしたいと思える質の文章がなければ採用も単価アップもしてもらえません。逆に言えば、たとえ初心者でも1つ高品質な文章を書いた実績があれば、案件獲得も単価交渉もかなりスムーズにいくということです。「最初からそんな高品質な文章は書けない」と思うかもしれませんが、初心者でも強力な実績を最初に手にしてスタートする方法があります。
  • 初心者でも案件が取れる「提案文テンプレート」を差し上げます
    このテンプレート通りに案件に応募する提案文を書けば、カンタンに採用率を高めることができます。
  • ハズレの案件やクライアントを見抜く方法
    クライアントの中には納品物に何度もダメ出しをし、ライターの心を折って案件をキャンセルさせ、お金を払わずに記事を作らせるような悪い人もわずかながらにいます。さすがにこれは極端だったとしても、ライターの扱いが雑だったり不当に安い単価のまま働かせたりする人は割と多いです。そんなクライアントにつかまってあなたの心が疲弊しないよう、人として大事に扱ってくれ、正当な単価を払ってくれるクライアントの見極め方をお伝えします。
  • 2記事目から単価を1.5倍以上にアップさせる単価交渉3つのコツ
    実力があるのであれば、単価の安い案件をダラダラ続けるべきではありません。相手に不快な思いをさせず、時間をかけずに実力にあった単価を引き出す交渉のコツを伝授します。おそらく、「こんなに簡単に単価が上がるのか…」と驚くでしょう。
  • 自分の実力にあった単価とは?
    単価交渉のやり方がわかっても、「今の自分の実力的にどのくらいの単価が適正なのか?」を知らなければ、適切な単価交渉ができません。単価1円の実力で単価3円を要求してもうまくいきませんよね(笑)。今回、どのくらいのスキルがあればどのくらいの単価が適正なのか?がわかる「ライター単価表」をご用意しました。これをみて自分の実力にあった単価で交渉してください。そうすれば、より単価交渉が上手くいくはずです。
  • 文字単価1.5円以上の案件がザクザク見つかるクラウドソーシングサービス一覧を公開!
    ランサーズやクラウドワークスといったライターを始めたばかりの人がよく使うサイトは高単価が狙いにくいため最初のうちだけにしておき、実績を積んだらより上位のサイトに登録して案件をとる方が効率的に稼げます。すでに少しでも実績がある人は、この情報を知るだけで単価1.5円以上の案件を獲得できるかもしれません(知らないのは単純に損です)。

Module2
質の高い文章を書くために、
文章を書き始める前に絶対にやるべきこと

/この準備をしていない人は記事の質が…\

 
 

このパートでは、
クライアントの期待に応えられる質の高い文章を書くために、
「文章を書く前にやるべきこと」をお伝えします。

これまで多くのライターさんに文章術を教えてきましたが、
一番もったいないと思う点がココです。

クライアントの求めるルールや意向に沿って文章を書く。

これができれば、多少文章が荒くてもクライアントは満足してくれます。

しかし、ちゃんとした準備もせずに書いてしまうと、
クライアントが求めいている内容とズレてしまい、
何度も修正を繰り返すことに・・・。

(最悪、全部書き直し、なんてことも)

このパートの動画を見れば、
クライアントの意向に沿った文章を書くことができるようになります。

正しい準備のやり方を知ると、
準備の大切さ、強力さを思い知ることにもなるでしょう・・・

具体的には、以下のような内容をお話しします。

  • 文章を書き始める前に明確にしておくべき5つの項目とは?
    この5つの項目を明確にせずに質の高い文章を書くのは不可能です。
  • 執筆した文章を掲載するクライアントのサイトで事前にチェックしておくべき3つのポイントとは?
    この3つのポイントを押さえておくと、クライアント好みの文章を書くことができます。すると当然、クライアントから継続して仕事をもらえる可能性が大幅に上がるでしょう。
  • クライアントが提示する「記事の執筆ルール」は必ず読んでください
    こんなこと言われなくてもやっている人がほとんどでしょうが、出来上がった文章を見るとちゃんとルールを守れている人がほとんどいないのが現実です。では、どうすればクライアントが提示した執筆ルールを守った文章を書くことができるのか?(これを実践すればクライアントからの修正依頼が激減します)
  • クライアントの真の目的を見抜く方法
    クライアントに記事を書く目的を聞けば「サイトのアクセスを集めるため」「無料レポートのダウンロード数を増やすため」などと答えると思いますが、それは真の目的ではありません。では、クライアントの真の目的とは何なのか? 真の目的を踏まえた上で記事を書くと、クライアントの満足度は大幅に上がります。
  • こんな簡単なことでクライアントは大喜びなのですが・・・
    なぜかほとんどの人はやりません。ちょっとやるだけで周りのライターと大きく差がつくあることとは?

Module3
クライアントに
「また次もあなたに書いてほしい!」と思わせる
記事を書くライティング術

このパートでは、難しいテクニックを使うことなく、

「読者とクライアントを満足させるライティング術」

をお伝えしていきます。

ライティングテクニックは世の中に数えきれないほどありますが、
全部知ったところで自由に使いこなせなければ意味がありません。

「ライタースキル大百科」では、
”最短で稼げるライターになること”を目指していくので、

「初心者でもすぐに使えて、質の高い文章の仕上がるテクニック」

厳選しました。

このパートの動画を見れば、最低限の努力で身に付けられる知識とスキルで、
読者とクライアントが大満足する記事を書く方法がわかるはずです。

具体的には、以下のような内容をお話しします。

  • まずは「PREP法」をマスターせよ!
    PREP法とは「結論(Point)・理由(Reason)・具体例(Example)・結論(Point)」の順番で書いていく論法のことです。これは文章の基本の型として多くの人が紹介していますが、残念ながらPREP法を正しく使えている人はそれほど多くありません。本来ならPREP法を使いこなせるだけで上級ライターになれるのに・・・それほど優秀な型であるPREP法を誰でも使いこなせるようになるように動画1本まるまる使ってPREP法を解説します。この動画は何度もみてください。
  • 検索結果でユーザーの目を引く記事タイトルの付け方テクニック3つ
    ユーザーが「おっ!」と興味を持つタイトルが付いていないとその記事は読まれません。記事の本文がどれだけ読みやすく役に立つ内容だったとしてもです。この記事を書く中で一番重要だと言っても過言ではない「タイトル」をうまく付ける具体的なテクニックを紹介します。
  • たったこれだけで読みやすい文章に仕上がる!正しい接続詞の使い方
    接続詞を正しく使えれば簡単に読みやすい文章に仕上げられるのですが、その大事な接続詞の使い方を初心者にも具体的かつ分かりやすく教えてくれるコンテンツはあまり多くありません(だから、多くの初心者ライターが接続詞を正しく使えていない)。非常にもったいないので、実際の文章を添削しながら正しい接続詞の使い方を具体的に解説することにしました。これを教えた人からは「目からうろこが何枚も落ちました!」と言われました。
  • 使ってはいけない禁断の接続詞3つ
    文章がヘタな人ほどこの3つの接続詞を多用し、文章が上手い人ほどこの3つの接続詞は使いません。
  • コレを入れれば、読者が続きを読みたくて仕方がなくなります
    「リード文に入れるべき5つの要素」
  • キュレーションメディア記事、個人ブログ風記事、コラム記事など、記事のテイストによって文体を変える憑依ライティング法
    ライターにはあらゆる文体を自由に扱える人と自分の得意な特定の文体でしか書けない人の2種類が存在します。彼らの違いは文章の上手・下手ではなく、文章を書くときの感覚の違いなのですが、この”違い”に気づいていない人は意外と多いです。その違いを教えます。この違いを知ればあなたも自由にさまざまな文体を扱えるようになるでしょう。
  • 読者を記事に引き込む「見出し」の付け方3パターン
    最近の研究で人の瞬間的な集中力は15秒→8秒に低下していることがわかっています。これは、文章を読ませ続けるには見出しや本文で読者の注意を引き続けなければ読まれない、ということを意味しており、淡々とただ役に立つ情報を書いても読者に読まれず役に立つ情報が読者に届かないということです。そういう時代だからこそ、見出しの付け方1つでライターのレベルに大きな差が付きます。
  • 800文字書くのに3日掛かるほど執筆スピードがクソ遅かった私が、どのようにして1日23,000文字も書けるようになったのか?
    執筆スピードを上げる方法は調べればたくさん出てきますが、ここで紹介する3つは実証済みで確実に効果がある方法です。
  • この問いを5回繰り返したら、読者が本当に望んでいることをカンタンに見抜くことができます
    読者が本当に知りたいことや欲しいことなど「真の望み」を見抜くのにイチイチ心理学や脳科学などを学ぶ必要はありません。たった1つの問いを5回繰り返したら読者の真の望みが丸わかりにできるからです。そのシンプルな方法をこっそり伝授するので、あなたも読者の心を文字通り”丸裸”にしてください。
  • この問いを3回繰り返したら、読者に刺さる具体的な表現や事例をいくらでも出せるようになります
    多くの初心者ライターはたとえば仕事の悩みに関する記事を書くと、「仕事ができるようになったら人生が良くなります」みたいなことを書いてしまうのですが、これでは抽象的過ぎて誰にも刺さりません。ですが、具体的に何をどう書けばいいかわからないという悩みもわかります。そこで、たった3回同じ問いをするだけで超カンタンに具体的な表現や事例を生み出す方法をお伝えします(これを言っている人はあまりいないので本当はあまり教えたくないのですが・・・)。
  • 共感の正体とは?
    文章術を勉強すると、よく「読者に共感をすることが大事」と書かれていますが、そもそも”共感”とはいったい何なのか? これがわからないまま共感しようと思っても共感はできません(だからほとんどのライターが読者に共感しようと思って書いた文章が読者に共感されないのです)。
  • 「推敲」のときには絶対にこれをやってください!
    すごくカンタンなことを1つやれば圧倒的に読みやすい文章に仕上げられるのに、なぜかほとんどのライターは推敲の際にこれをやりません。初心者でも簡単に文章の質を上げられるのに、本当にもったいないことです。
  • クライアントのイメージアップにつながる表現とイメージダウンにつながる表現【具体例付き】
    全く同じことを伝えたくても表現や言い回し1つでイメージが大きく変わります。にもかかわらず、多くのライターが知らず知らずのうちにクライアントのイメージが下がる書き方をしてしまっています。ここでは実際に添削した文章を見ながらどういう表現にすべきかをお伝えします。そのままパクればクライアントに喜ばれるでしょう。
  • 自信がにじみ出る文章を書くには?
    人は自信がある人についていきたいと思うし、自信がなさそうな人には「この人大丈夫かな?」と感じるものです。それは文章も同じで、文章から自信が感じられれば、読者は「この人の言うことを信じてみよう」と思うし、クライアントは「この人に任せたい!」と思います。相手にそう思わせる自信がにじみ出る文章の書き方を公開します(です・ますで言い切る、みたいな小手先のテクニックではありません)。

Module4
上手い文章をさらにアクセスを集められる文章に変えるSEOの基本

このパートでは、稼げるライターを目指すうえで
知っていなければいけないSEOの基本をお伝えします。

記事執筆案件の多くは
検索エンジンからのアクセスを目的とした記事の執筆なので、
SEOの知識があるか、SEO対策を施した文章を書けるか、
によって単価が大きく変わります。

そのため、SEOの知識があり、実践できる方が
ライターとして圧倒的に案件が取りやすく、単価も上げやすくなります。

このパートの動画を見れば、
まずは最低限のSEOの知識とSEO対策を施した文章の書き方がわかります。

これで少なくとも、

”SEOができないから単価を下げられる”ということはなくなるでしょう。

具体的には、以下のような内容をお話しします。

  • 検索結果の上位に上げやすいキーワードの選び方
    ライターとして記事執筆案件を受ける場合、キーワードはクライアントから指定されることも多いですが、キーワード選定のやり方を知っているかどうかで理解に大きな差が付きます。それにキーワード選定から任せられるライターは数が少なく単価が上がりやすいので高単価ライターを目指すなら絶対にマスターしておくべきです。キーワード選定を10年研究し、周りから「キーワード選定センスが変態レベル」と言われる私のノウハウをここだけで公開します。
  • 検索上位に上がりやすいタイトルをつけるために意識すべき2つの要素
    SEO対策において記事タイトルは非常に重要です。タイトルを少し変えるだけで順位が40位から3位まで上がったり、逆に1位から15位に下がったりします。SEOを意識する場合、タイトルには必ずキーワードを入れるべきなのですが、もう1つ意識すべき重要な要素があり、これを知っているかどうかで大きな差が付きます。
  • 検索ユーザーが知りたいことをキーワードから見抜くリサーチ法
    Googleは「検索ユーザーが知りたいことを即調べられる」ことを目指しているため、検索ユーザーが知りたいことが書かれている記事が検索上位に上がります。つまり、SEO対策を施すには、検索ユーザーが知りたいことを知りその回答を記事に書くことが必須であり、検索ユーザーが知りたいことがわからないとまともなSEO対策ができません。タイトルの付け方やキーワードの入れ方など小手先のテクニックを超える本質的なSEO対策をぜひマスターしてください。
  • キーワードは記事のどこにどう入れるべきか?
    最近のSEOでは、共起語だのキーワード密度だの、そういったことはほとんど意識しなくてもよくなりました。ここでお伝えすることを最低限押さえておけば、記事を書くときのSEO対策は十分です。
  • 1記事の文字数はどのくらい必要なのか?
    SEOという視点で文字数を見た場合、基本的には多ければ多い方が良いです(SEOで文字数は関係ないという人がいますが、そういう人はちゃんとデータを取って分析しているのか?と思います)。その上で、必要な文字数はキーワードごとに変わるのですが、基本的には狙うキーワードにおいて、ライバル記事に比べて相対的に文字数を増やせばよいです。では、その必要な文字数はどうやって調べればいいのか? 30秒で調べる方法をお伝えします。
  • なぜ1記事に必要な文字数がわかっていると、単価アップしやすくなるのか?
    ライターとして案件を受ける場合、文字数は指定されていることがほとんどです。なので「別に1記事に必要な文字数なんて知る必要がない」と思うかもしれませんが、それでは単価アップの機会をみすみす逃してしまうことになります。指定されたキーワードで必要な文字数を調べ、「このキーワードなら検索上位を狙う場合は文字数が○○文字以上を考えた方が良いかと思います。○○文字以上書くので単価を~~円にしてください」と交渉できるライターの方が単価を上げやすいのは間違いありませんよね?
  • 結局のところ、SEOって何なの?
    SEOとは「Search Engine Optimizetion(=検索エンジン最適化)」の略なのですが、Google相手に小手先で最適化すればいいと思っていると限界が来ます。「SEOの究極のゴールとは何か?」これを知って記事を書くとGoogleにも読者にも好かれる記事が書けるようになれます。
  • キーワード選定ツールの紹介とその具体的な使い方
    ライバルが弱くて検索上位を獲りやすく、しかもアクセスがある。そんなキーワードを見つけられれば対して文章が上手くなくても検索上位を獲りアクセスを集めることができます。クライアントのゴールはうまい文章を書いてもらうことではなくアクセスを集め利益を生み出すことなので、キーワード選定さえうまければ文章力がソコソコでも顧客に重宝され高単価を得ることも可能です。そのためのツールとその具体的な使い方を動画で実際にキーワード選定をしながら紹介します。その動画を見れば、私がどうキーワードを選定しているかが丸わかりです。
  • 読者の欲望や感情を知りたければ、このサイトを見てください
    「このサイトを見れば読者の欲望や感情が一目でわかる!」というサイトを5つ紹介します。これでもう「読者の気持ちがわからない!」と悩む必要はありません。

Module5
周りのライターと一歩も二歩も差をつける、
読者とGoogleの期待に応え、
クライアントに利益をもたらすSEOテクニック

このパートでは、初心者ライターを抜け出し、
周りと一歩も二歩も差をつけるSEOテクニック
を紹介します。

ここで紹介するSEOテクニックを
(動画を見ながらでも)使えるようになれば文字単価1.5円は余裕ですし、
自由に使いこなせるようになるまでマスターすれば
文字単価3円が現実的に見えてきます。

文字単価3円は、在宅で月30万円~50万円を無理なく稼げるレベルです。

ライターとしてそのくらい稼げるようになるための必要なスキルや知識を、
誰でも実践できるくらい具体的なレベルで知りたくないですか?

具体的には、以下のような内容をお話しします。

  • キーワードを見ただけでパッと記事内容が思い浮かぶようになる「キーワード13分類」とは?
    すぐにノウハウを知りたい人が使う言葉、自分と同じ意見を求めている人(勇気づけられたい人)が使う言葉、など検索キーワードには明確な傾向があります。この傾向を分析し、キーワードの種類を13分類に分けました。この分類に当てはめれば、指定されたキーワード(もしくは自分で選定したキーワード)でどういった内容を書けばいいかひと目でわかります。
  • 検索上位に上がる記事の書き方7つのルール
    記事を書くときに難しいことを考える必要はありません。この7つのルールさえ守って書けば、SEO的にも評価され、読者にも読みやすく信頼してもらいやすい記事を仕上げることができます。
  • ライター案件でよくある5種類の記事の書き方
    情報まとめ記事・体験談記事・感想&レビュー記事・手順&ノウハウ記事・トレンド記事のそれぞれの書き方を具体的に解説しました。この動画を見ればライターとしてより多くの案件に対応できるようになります。
  • 3つ全部入れてください「読者のニーズ3段階」
    実は読者が求めているものは3段階に分けられます。この3段階のうち1つか2つしか満たせていないと読者の満足度が低くなったり、読者の気持ちを動かせなかったりします。逆に言えばこの3つの段階をそれぞれ満たすような表現を使えば、自然と読者の感情が動き、記事に引き込むことができるようになります。文章が上手い人がナチュラルにやっていることを言語化し、具体的に解説しました。
  • 読者の現状・理想・求めているモノを具体化する穴埋め式「欲求可視化ワーク」
    理解が早い人はすでに感じているかと思いますが、結局のところ「読者をどれだけ理解しているか」が文章の質を決めます。読者を分析する方法は教材でさまざまな角度からお伝えしますが、実践できなければ意味がないので、誰でもカンタンに読者を深く理解できる「穴埋め式のワークシート」を用意しました。動画を見ながらこのシートを埋めていくだけで、まるで自分が読者と同じ人生を歩んだことがあるかのように深く理解できるようになります。
  • 情報まとめ記事の書き方を「書く前の準備~書き上げるまで」ステップバイステップで解説しました
    この動画1本見れば、情報まとめ記事をどう完成させれば良いかがわかります。ライターとして初めて情報まとめ記事の案件に採用されたときでも、この動画を見れば最後まで書き切れるので、安心して未経験の案件も狙うことができるでしょう。
  • ちょっとしたひと手間で圧倒的に記事内容の信憑性を高めることができる方法とは?
    専門家でなくても記事の信憑性は高めることができます。多くのライターはめんどくさがってここまでやらないのですが、このひと手間をやるだけで、記事内容を読者に信用してもらうことができ、クライアントにも喜ばれます。手間の割に多方面に大きな効果を発揮するので、稼げるライターになりたなら絶対にやるべき項目です。
  • Googleもクライアントも大喜びなお手軽テクニックがあるのですが、なぜかほとんどのライターがこれをやっていません
    数多くのライターを試したり雇ったりしてきましたが、このテクニックを自ら使えていた人は10人に1人しかいませんでした。なので、あなたがこのテクニックを使えば、それだけで上位10%のライターになれる…とまでは言いませんが、クライアントにかなり気に入られるのは間違いないでしょう(逆にこのテクニックを使ったのにまともに評価しないクライアントはこちらからお断りすべきです)。

いくら価値のある情報があっても、
自由に使いこなせるようにならなければ意味がない

と、私は思います。

「ライタースキル大百科」には、
私がこれまで多くのライターさんを指導してきて気づいた

・ほとんどの人が共通して引っ掛かっている部分
・ほんのちょっと工夫すれば一気にレベルが上がる部分

を、ライティングスキルの基本と共に詰め込みました。

「コレを見てもらえば
ライター未経験からでも文字単価3円を実現できる!」

そう自信を持って断言できる内容です。

しかし、

「自分ひとりで全部勉強できるかどうか…」
「分からない部分が出てきたらどうしよう…」

という不安がある場合もあるかもしれません。

そこで、その不安を解消するために、以下を準備しました。

ライタースキル大百科限定の会員サイト

/全てのコンテンツがここからアクセス可能!\

 
 

ライタースキル大百科でお渡しするコンテンツは、
全て専用の会員サイトでいつでも見れるようにしています。

会員サイトがあるおかげで、

「コンテンツがメールで配られたんだけど、
そのメールがどこかにいってしまった」

「メールが届かなくなって
コンテンツも届かなくなった」

などといったトラブルがなくなります。

ひと目でどのコンテンツがどこにあるかもわかるので、

「あの動画がもう一度みたいんだけど、
どこにあるかわからない!」

ということもありません

メールだと探すのに手間取ったりしますよね(笑)。

時間を無駄にすることなく学べる環境が整っています。

後述する特典も、どんどん追加していく予定です。

全動画の音声Verデータ

ライタースキル大百科でお渡すする動画には
全て音声Verもお付けします。

音声Verがあることで、
通勤しながら、家事をしながらでも「ながら聞き」でき、
いつでもどこでも繰り返し学ぶことが可能に。

動画に比べてデータ容量が軽くなるので、
地下鉄など電波が悪くなる場所でも学びやすくなります。

BGM代わりにでも気軽に繰り返し聞くことで
「勉強しよう!」と身構えなくとも、
自然とスキルや知識が身につく
でしょう。

質問(LINE@・メール)無制限(180日間)

/遠慮なくご連絡ください!\

 
 

ライタースキル大百科の購入者は
LINE@・メールにて、
24時間いつでも質問や相談が可能!

ちょっとした悩みやわからない部分について
ひとりで考えすぎて何も進まないのが一番もったいないことです。

悩んだり考えたりしているだけでは、ライターとして成長できません。

学んで実践し、スキルを高めていくことで
ライターとしてのレベルが上がり、単価も上がるのです。

なので、立ち止まる時間を減らせるよう、
些細なことでも遠慮なく質問・相談してください。

LINE@やメールで質問や相談を送ってもらえれば、
最優先でお答えしていきます。
(基本的に48時間以内には回答します)

未経験から稼げるライターになるための
目標スケジュールシート
(Excel・Googleスプレッドシート)

/継続しやすい仕掛けも作ってます!\

 
 

もしかすると、

「継続が苦手で計画性もなく、ひとりで学び切れるか不安」
「前に教材を買ったんだけど、学び切れずに挫折してしまった」

という人もいるかもしれません。

そういった不安があっても
ライタースキル大百科を最後まで学び切れるように、
最後まで学び切るための目標スケジュールシートをご用意しました。

シートには、コンテンツを学んでいく目標のスケジュールと、
終わった項目を塗りつぶしていけるようになっています。

スタンプシートのように1つずつマスを埋めていくことで

「今日もこれだけ進んだ!」
「あともうちょっとで終わるぞ!踏ん張ろう!」

という気持ちが沸き上がるので、学びや実践を継続しやすくなります。

(これは科学的にも実証されていて、
だからいろんなショップでスタンプカードを配るんです)

これで継続が苦手な方も安心です。

ライタースキル大百科を手に入れることで、
あなたにこんなメリットがあります。

●ライターとして無理なく稼いでいくことができる

●在宅で稼げるようになる

●文章力が高まる

●不当な単価で仕事を受け続けなくていい

●文字単価を上げるためにやるべきことが明確になる

●読者やクライアントの心理が手に取るようにわかる

●クライアントに利益をもたらし、喜んでもらえる

●未経験からお金を稼ぐ方法がわかる

●交渉力が身につく

●検索結果で上位表示できる

●多数の企業で記事を書き、検索結果で上位表示した実績が得られる

●効率よく稼げて時間に余裕ができる

●家族や自分の趣味のために時間もお金も使えるようになる

●悩みや疑問がすぐに解決できる

●いつでも相談できる人がいる安心感が手に入る

などなど

他にもたくさんのメリットがあるので、
ぜひ参加してそのメリットを体感してみてください!

こんな人は、ライタースキル大百科を
買わないでください!迷惑です!

『ライタースキル大百科』では、
本気で、稼げるようになりたい人、ライタースキルを高めたい人が
確実に文章力をアップできるような環境を作るため、
以下のような方の参加はお断りしております。

・稼げるようになるために努力する気がない方
・すでに年収2000万円以上の収入があり、これ以上のお金を稼ぐモチベーションがない方
・スキルアップできない、稼げない原因を100%周りのせいにしている方

これらの項目に当てはまる人は、
ライタースキル大百科を手に入れて
私がどれだけ丁寧にサポートしたとしても
ライタースキルを高めるのが難しいからです。

とはいえ、上記の3つの項目に当てはまる人は、
ここまで読んでいないと思いますが(笑)。

逆に、以下の項目に1つでも当てはまる人は、
稼げるライターになれる可能性が非常に高いです。

・「文章力を高めたい!」と思っている方
・「ライターとして稼ぎたい!」と思っている方
・「在宅で稼ぎたい!」と思っている方
・文章力を高めるために動画を見たり記事を書いたりする意欲がある方
・今お金やスキルが足りないのは自分にも責任があると感じられている方
・不当な報酬で働く状況を1日でも早く抜け出したい方
・自分自身や周りの人を大事にしたいと思っている方
・稼げるスキルを身に付けておきたいと思っている方
・素直な方
・時間を大事にしたい方
・自分の力で稼げるようになりたい方
・人生をより良くしていきたい方

これらは、これまで私のサポートで文章力が上がり、
ライター業やブログで結果を出せた方々の共通点です。

なので、これらの項目に1つでも当てはまる方は、
『ライタースキル大百科』で稼げるライターになれることは間違いありません!

つまりここまでの話をまとめると
こういうことになります

稼げるライターになるには、
以下のことが重要です。

●未経験からでも稼げるライターになる具体的で正しい手順を知る

●学びと実践を繰り返し、スキルを高めながら評価される実績を積む

●予算がある企業と契約し、高単価案件を獲得する

そして、『ライタースキル大百科』を手に入れると、
次のサービスが受けられます。

  1. 0 稼げるライターになる具体的な手順(全体像)
  2. 1 ライター初心者でも案件が獲得でき、2記事目から単価を上げてもらうには?
  3. 2 質の高い文章を書くために、文章を書き始める前に絶対にやるべきこと
  4. 3 クライアントに「また次もあなたに書いてほしい!」と思わせる記事を書くライティング術
  5. 4 上手い文章をさらにアクセスを集められる文章に変えるSEOの基本
  6. 5 周りのライターと一歩も二歩も差をつける、読者とGoogleの期待に応え、クライアントに利益をもたらすSEOテクニック
  7. 6 ライタースキル大百科限定の会員サイト
  8. 7 全動画の音声Verデータ
  9. 8 質問(LINE@・メール)無制限(180日間)
  10. 9 未経験から文字単価3円ライターになるための目標スケジュールシート(Excel・Googleスプレッドシート)

『ライタースキル大百科』を手に入れていただければ、
あなたに稼げるライターになっていただける自信があります。

もう詐欺師に騙されるのは
終わりにしたくありませんか?

恐ろしい話なのですが、
今私が教えている初心者ライターさんの中には、

半年間で100万円

の初心者向けライター講座に参加してしまった人がいます。

・毎月2回のセミナー
・チャットワークでのメッセージサポート
・数回の添削サービス

たったこれだけの内容で100万円です。

さすがにあり得ません・・・

(しかもコレ、高額塾が乱立していた
2015年あたりの話ならまだしも、2021年の話ですからね)

初心者がこうした悪徳業者に騙されてしまう一番の原因は、
教材の「相場」を知らないからです。

「相場」さえ知っていれば、
相場と比べて高いか安いかが少なくとも判断でき、
その上で提供される内容を見て購入すべきかどうかの判断ができます。

(少なくとも内容の薄い100万円のサービスを買ってしまうことは防げます)

じゃあ、「ライター向け教材・講座の相場」とはどのくらいなのか?

「ライター 講座」などと検索し、
できる限り多くの教材・講座を調べてみたところ・・・

・SHElikes:入学金148,000円(税別)+月額12,334円~(税別)
(SHE株式会社が運営)

・上阪徹のブックライター塾(講義4回):247,500円(税込)
(株式会社スターダイバーが運営)

・School×Work(マンツーマン指導6回):198,000円(税込)
(株式会社Hayakawaが運営)

・編集・ライター養成講座(講義40回):176,000円(税込)
(宣伝会議が運営)

・プロライター養成講座(講義18回):143,000円(税込)
(株式会社ダイヤモンド・ビジネス企画が運営)

・あなたのライターキャリア講座(講義10回):99,800円(税込)
(株式会社YOSCAが運営)

・Writing Hacks(動画77本):69,800円(税込)
(ブロガー&ライターがチームで運営)

・Webライター講座(207コンテンツ):69,800円+月額2,980円(税込)
(副業の学校が運営)

でした。

他にもいろんな通信講座を調べてみましたが、
コンテンツ量の差やサポートサービスの有無をいったん無視すれば、
「70,000~250,000円」がライター向け通信講座の相場。

この「相場」を考えれば、
『ライタースキル大百科』はその内容から
70,000~150,000円くらいの価格設定でも高くはないと思います。

しかし、まだ初心者でこれからどのくらい稼げるかもわからないし、
コロナ禍でしばらくは今後の給料やボーナスに期待できない中、
これだけの金額をポンッと出すのは少し怖いと感じる場合もあるでしょう。

中には、奥さんや旦那さんに内緒で、
自分の貯金からお金を出して学ぼうとしている人もいると思います。

そんな状況でも、何とか稼げるようになりたい!

お金に余裕が欲しい!

我慢せずに済むようになりたい!

そう思って、このページをここまで見てくださった。

その想いに、今回はお応えしたい。

だから、少しでも気軽にご参加いただけるよう、
『ライタースキル大百科』の価格を

29800円(税込)
(しかも、180日間はLINE@・メールの質問し放題サポート付き)

とさせていただきました。

自分で言うのもアレですが、破格、だと思います。

29800円でライタースキル大百科の
50本以上の動画やテンプレートが全て手に入り、
質問も180日間し放題です。

「圧倒的にお得な自己投資」になることをお約束します。

あなたのご参加をお待ちしております。

特典残り先着50名 → 残り33名

参加すると
以下のコンテンツが全て貰えます

●ゼロから稼げるライターになるノウハウが詰まった今すぐ使えるテンプレート
●初心者でも実践していける具体的なノウハウ解説動画51本
●継続が苦手な人でも大丈夫!人が思わず継続してしまう心理を利用した「目標スケジュールシート」
●コンテンツがいつでもどこでもパッと見れる「会員限定サイト」
●180日間メールやLINEで質問・相談し放題のサポート
●通勤やウォーキングしながらでも学べるよう全動画の音声データVer
●特典:初心者でもSEOに強い記事構成が作れる「構成作成マニュアル」
●特典:文章の書き方の基本をまとめた「文章ルールブック」
●特典:効率よく稼ぐ実績作り&文章添削サポート

ライタースキル大百科リリースキャンペーン!
さらに11月30日までの先行特別価格:19800円(税込)

お申し込みはこちらをクリック→

そんなことは99%ありえないのですが、
もし「ライタースキル大百科」を使っても
稼げなかったら・・・

教材の購入費を全額返金します。

この教材を購入して180日間、動画を見たりマニュアルを読んだり、
ゆっくりでいいのでライターとして活動してみてください。

この教材で書かれているノウハウやテクニックを実践し、
質問サポートを活用すれば、
仮に最初は3日で800文字しか書けないレベルでも、
180日間あればこの教材代くらいは余裕で回収できるはずです。

それでも、もし180日後に
ライターとしてこの教材代すら稼げていなかったら、

メールにて返金希望の旨と、
この教材でお伝えしたノウハウやテクニックを
実践したことを示していただければ、
1週間以内に全額返金いたします。

この際、決済手数料や振込手数料などあらゆる費用を
こちらで負担しますので、安心してメールしてください。

万が一返金を申し出てこられたとしても、
教材は全てあなたのものです。

返品する必要もありません。

こちらは、私を信用して貴重な時間を割いてくれたあなたへのお詫び、
そして感謝の気持ちだと思っていただければと思います。

これで、あなたのリスクは完全になくなります。

さらに5つの特典を
ご用意しました(期間限定)

ここまでの内容でも稼げるライターになるには十分すぎるほどです。

しかし今回は『ライタースキル大百科リリース記念』として、
さらに以下のコンテンツ&サービスを特典として期間限定でお届けします。

1.初心者でもSEOに強い記事構成が作れる「構成作成マニュアル」(PDF5ページ)
   
記事のSEOの強さは構成で9割決まる、といっても過言ではありません。そんな重要な構成をライター初心者でもSEOに強い記事を作れるようにしたのがこの「構成作成マニュアル」です。実際に私はこのマニュアルを使って初心者ライターさんに構成を作ってもらい、いくつものキーワードで上位表示させています。そんな”秘伝のマニュアル”を限定で公開します(本当にあまり広げたくないので先着50名のみのです)。
 
 
 
2.文章の書き方の基本をまとめた「文章ルールブック」(PDF10ページ)
   
記事執筆を外注する際に、ライターさんにこの「文章ルールブック」を渡すようにしてから納品される記事の質が劇的に上がりました。文章の基本を改めて確認するために使ってもらえるのはもちろんのこと、推敲の際にチェックリストとして使うのも非常に効果的です。あなたの書いた文章もグッと読みやすいものになるでしょう。
 
 
 
3.「WordPressの使い方」解説動画8本
   
ライター案件は「WordPress入稿」が条件になっている案件もあります。WordPress未経験だと普通はWordPress入稿が条件となっている案件は受けることができませんが、この動画を見ればWordPress未経験でも操作方法が具体的かつ明確にわかるので、安心してWordPress入稿の案件でも受けられます。
 
 
 
4.文章の添削サポート(1回)
   
あなたの文章を一度添削しアドバイス致します。文章はあなたのブログ記事でもクラウドソーシングで受注して書いた文章でも何でもOKです。一度添削を受けていただければ、自分に足りていない部分に気づけるだけでなく、文章を書くのが上手い人が何を意識し、どう表現しているのかが感覚的にわかるはずです
 
 
 
5.実績作りサポート(1回)
   
私のブログ記事を1記事執筆し、実績として各クラウドソーシングのプロフィールやポートフォリオに掲載する権利を差し上げます。執筆の際には、私が構成を作成し、あなたに書いていただいた文章の添削もおこない一緒に記事を仕上げるので、初心者でも質の高い実績を1つ持つことができます。

購入してからすぐに
全部の動画を見ることが
大事なのではありません

もしかしたら、あまりの量に圧倒されてしまい、
とても自分にはこなすことができないと思うかもしれません。

しかしながら忘れないでください。

これは、「大百科」なのです。

あなたは、百科事典や辞書を、
はじめのページから最後のページまで、
隅から隅まで一文字逃さず読んだりしますか?

しないですよね。

この教材も同じです。

一度ザーッと見てくれてもいいですが、
一気に全てを理解しようとするのではなく、
すぐに全てを実践しようとするのではなく、
あなたのレベルに合わせて少しずつやっていてほしいのです。

そう、まさに百科事典のように、
何か困ったらその部分の動画を見る、ワークをやってみる、
などというように。

それを繰り返すことで、ライターとしてのスキルが上がっていき、
文章が上手く書けるようになり、効率よく稼げるようになっていきます。

「高くてもいいからあなたに書いてほしい!」と
クライアントから自分が必要とされる
充実感と満足感を
これから何度も味わいたくないですか?

ライターとしての喜びは、
効率よくお金が稼げることだけではありません。

そんなのは本当に序の口です。

「自分の力でちゃんとお金を稼ぐことができた!」
という経験から生まれる自信と自己満足感、

クライアントに
「本当に良い文章を書いてくれてありがとう!」
と喜ばれたときの”他人を喜ばれる喜び”、

「高くてもいいからあなたにまた書いてほしい!」
と誰かから自分が必要とされる嬉しさ、

ライターとしてのレベルを上げていけば、
こうした心が躍るほどの喜びを
仕事を通して何度も味わうことができるのです。

そんな喜びを何度も味わえたら、
文章を書くことがどんどん楽しくなりそうじゃないですか?

楽しみながら仕事ができて、お金も十分にもらえる。

そのお金によって、生活が安定し、将来への不安もなくなる。

そしたら必ず、あなたの笑顔は今の何倍にも増えるでしょう。

あなたが笑顔で機嫌よく過ごすことができるようになれば、
それが周りの家族や友人に伝わり、
あなたにつられて周りの人の笑顔も増えていきます。

周りの人が笑顔でいてくれたらいいですよね。

笑顔が増えた周りの人は、さらに周りの人を笑顔にして、
世の中にどんどん笑顔を増やしてくれるでしょう。

そんな笑顔の連鎖が起きたらいい。

そのうち、周りの人から
「あなたの一緒にいると楽しい!」と言われ、
あなたの周りには笑顔で優しい人がもっと増えるはずです。

そうやって、自分の人生も周りの人の人生も良くしていってほしい。

そういう想いで、『ライタースキル大百科』を作りました。

いきなり、「周りの人のために」とか、
「誰かの役に立たなきゃ」とか焦んなくていい。

まずは自分からでいいんです。

自分を幸せにすれば、自分が1つでも悩みを減らせれば、
自然と周りの役に立つことができますから。

『ライタースキル大百科』をキッカケに、
稼げるようになり、よりストレスが少なく、楽しみが多い人生を
一緒に作っていきませんか?

それでは、また教材の中でお会いしましょう。

伝えたいことがありすぎて長くなってしまいましたが、
ここまで読んでくださってありがとうございました!

特典残り先着50名 → 残り33名

参加すると
以下のコンテンツが全て貰えます

●ゼロから稼げるライターになるノウハウが詰まった今すぐ使えるテンプレート
●初心者でも実践していける具体的なノウハウ解説動画51本
●継続が苦手な人でも大丈夫!人が思わず継続してしまう心理を利用した「目標スケジュールシート」
●コンテンツがいつでもどこでもパッと見れる「会員限定サイト」
●180日間メールやLINEで質問・相談し放題のサポート
●通勤やウォーキングしながらでも学べるよう全動画の音声データVer
●特典:初心者でもSEOに強い記事構成が作れる「構成作成マニュアル」
●特典:文章の書き方の基本をまとめた「文章ルールブック」
●特典:効率よく稼ぐ実績作り&文章添削サポート

ライタースキル大百科リリースキャンペーン!
さらに11月30日までの先行特別価格:19800円(税込)

お申し込みはこちらをクリック→

運営者プロフィール

ライタースキル大百科制作者

西村 敏
にしむら さとし

『言語化力は現代の魔法』

1986年生まれ、長野県出身、宮城県在住。
株式会社ジャストコネクションズ代表取締役。

2011年から副業でブログを開始。ブログ歴は10年。
独立後はコンサル業も開始。得意の言語化力を活かし、
多くの顧客の年収アップ、独立、やりたいこと発見をサポート。
2018年9月には法人化。

10年前から「自分のやりたいことで生きる」を実践。

今までの経験を通して、沢山の方の夢や目標を応援することが出来て、とても充実した日々を送れています。






お申し込みはこちらをクリック→

『ライタースキル大百科』への申し込み方法

1.「お申し込みはこちら」をクリックします。

お申し込みはこちらをクリック→

2.フォームに必要事項を入力し、送信します。


3.フォーム送信後、入力したメールアドレスに『「ライタースキル大百科」の参加費のお支払いについて』というタイトルのメールが届くので、メールを開きます。


4.メールに掲載されている決済用のURLをクリックします。
(管理システムの都合上、決済はカード決済のみとなります)


5.PayPalが開くので、ログインします。
(PayPalに会員登録していない方は、ここでPayPalの会員登録をしてください)


6.PayPalにログインすると以下のページが開くので、「同意して~~~~~」をクリックし、決済を完了させます。


7.決済完了後、メールに書かれているURLをクリックし、会員サイトの会員登録をします。


8.会員登録ができたら、すぐに「ライタースキル大百科」のコンテンツを見ることができます。
最初から見ても、気になる動画から見てもOKです。
思う存分、ライターとしてのスキルや知識を身に付けてください。





特典残り先着50名 → 残り33名

参加すると
以下のコンテンツが全て貰えます

●ゼロから稼げるライターになるノウハウが詰まった今すぐ使えるテンプレート
●初心者でも実践していける具体的なノウハウ解説動画51本
●継続が苦手な人でも大丈夫!人が思わず継続してしまう心理を利用した「目標スケジュールシート」
●コンテンツがいつでもどこでもパッと見れる「会員限定サイト」
●180日間メールやLINEで質問・相談し放題のサポート
●通勤やウォーキングしながらでも学べるよう全動画の音声データVer
●特典:初心者でもSEOに強い記事構成が作れる「構成作成マニュアル」
●特典:文章の書き方の基本をまとめた「文章ルールブック」
●特典:効率よく稼ぐ実績作り&文章添削サポート

ライタースキル大百科リリースキャンペーン!
さらに11月30日までの先行特別価格:19800円(税込)

お申し込みはこちらをクリック→